リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

深谷シネマへようこそ!


こちらは『深谷シネマ』公式サイトです。埼玉県深谷市・旧中山道沿い。
300年もの歴史を持つ「七ツ梅酒造」跡へ2010年4月移転しました。
全国でも唯一の酒蔵を改装した、街の映画館です。




上映スケジュール・映画館への案内などこちらからどうぞ。
■お知らせ
■現在上映中
■今後の上映作品
■交通案内・料金

続きを読む >>

このページの先頭へ▲


現在上映中・今後の上映 (2016/7/30更新)

7月31日(日)〜8月6日(土)

『世界から猫が消えたなら』
10:00/20:00


『追憶の森』
13:00/17:40


『ヤクザと憲法』
15:30

 

8月7日(日)〜13日(土)
『スポットライト 世紀のスクープ』
10:00/17:20


『すれ違いのダイアリーズ』
12:40/20:00


『世界から猫が消えたなら』
15:00

 

8月14日(日)〜20日(土)

『団地』
10:00/17:40


『顔』
12:40


『神様メール』
15:10/20:00

 

8月21日(日)〜27日(土)

『海よりもまだ深く』
10:00/15:10

 

『野火』
13:00/20:00
★初日21日13:00〜の回終了後 塚本晋也監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

『団地』
17:40


このページの先頭へ▲


野火

 

8月21日(日)〜27日(土)

 

13:00* / 20:00 - (21:37終映)

*初日21日13:00〜の回終了後 塚本晋也監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

*8月23日(火)休館

 

監督・脚本・編集・撮影・製作: 塚本晋也
出演:塚本晋也/リリー・フランキー/中村達也/森優作/ほか
[14年製作/日本/1時間27分]
http://nobi-movie.com/

 

大岡昇平の小説を実写化した戦争ドラマ。第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、野戦病院を追い出されてあてもなくさまよう日本軍兵士の姿を追う。『鉄男』などの塚本晋也が、監督と主演のほかに、製作、撮影、編集なども担当。共演にはリリー・フランキー、中村達也、オーディションで選ばれた新星・森優作と、バラエティー豊かな顔ぶれがそろう。戦争という極限状況下に置かれた者たちの凄惨な心象風景に胸をえぐられる。

 

 

***************************************

 

★塚本晋也監督による舞台挨拶開催決定!

 

 

日:8月21日(日)

時:13:00〜の回上映後

料金:通常料金(一般1,100円)

 

お電話でのご予約も承っております。048-551-4592まで!

 

皆様のご来館心よりお待ちしております。


このページの先頭へ▲


海よりもまだ深く

 

8月21日(日)〜27日(土)
10:00 / 15:10 - (17:17終映)

*8月23日(火)休館

 

8月28日(日)〜9月3日(土)
15:10 / 20:00 - (22:07終映)

*8月30日(火)休館

 

9月4日(日)〜10日(土)
17:30 - (19:37終映)

*9月6日(火)休館

 

原案・監督・脚本・編集: 是枝裕和
出演:阿部寛/真木よう子/小林聡美/リリー・フランキー/ほか
[16年製作/日本/1時間57分]
http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

 

是枝裕和監督が、阿部寛と樹木希林とのタッグで、なかなか大人になれない男の姿を描く感動のホームドラマ。小説家になる夢を諦め切れないまま探偵事務所で働く男が、たまたま実家に集まった母、元妻、息子と台風の一夜を過ごすさまを映す。思っていた未来とは少し違う現実を生きる家族の姿が印象的につづられる。


このページの先頭へ▲


神様メール

 

8月14日(日)〜20日(土)

 

15:10 / 20:00 - (22:04終映)

 

*8月16日(火)休館

 

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
出演:ピリ・グロワーヌ/ブノワ・ポールヴールド/カトリーヌ・ドヌーヴ/ほか
[15年製作/ベルギー・フランス・ルクセンブルグ/1時間54分]
http://kamisama.asmik-ace.co.jp/

 

世界各国の映画祭、映画賞で称賛を浴びたコメディー。パソコンを駆使して世界を翻弄する神と、そんな彼に愛想を尽かした娘が巻き起こす騒動を描く。メガホンを取るのは『ミスター・ノーバディ』などの名女優のカトリーヌ・ドヌーヴ、『エール!』などのフランソワ・ダミアンらが結集。奇想天外なアイデアと設定、予想もつかないストーリー展開に圧倒される。


このページの先頭へ▲