リンク

深谷シネマ 賛助会員募集

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

現在上映中・今後の上映 (2020/10/24更新)

10月25日(日)〜31日(土)
『海辺の映画館−キネマの玉手箱』
9:30

 

『なぜ君は総理大臣になれないのか』
12:50/20:00

 

『エレファント・マン』
15:20

 

『ハニーランド 永遠の谷』
18:00

 

11月1日(日)〜7日(土)
『MOTHER マザー』
9:30/20:00

 

『海辺の映画館−キネマの玉手箱』
12:00

 

『ポネット』
15:20

 

『なぜ君は総理大臣になれないのか』
17:30

 

11月8日(日)〜14日(土)
『はりぼて』
9:30

 

『MOTHER マザー』
11:30

 

『許された子どもたち』
14:00

★11月8日(日)上映後・舞台挨拶あり!

 

『海辺の映画館−キネマの玉手箱』
16:40

 

『SKIN/スキン』
20:00

 

11月15日(日)〜21日(土)
『ステップ』
10:00

 

『パブリック 図書館の奇跡』
12:50/17:30

 

『はりぼて』
15:20

 

『カセットテープ・ダイアリーズ』
20:00


このページの先頭へ▲


カセットテープ・ダイアリーズ

 

11月15日(日)〜21日(土)

 

20:00 - (22:07終映)

 

*11月17日(火)休映

 

監督:グリンダ・チャーダ
出演:ロナック・チャーダ・バージェス/ディーン=チャールズ・チャップマンほか
[19年製作/イギリス/1時間57分/字幕]
http://cassette-diary.jp/

 

ジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの回顧録をベースにした青春ドラマ。イギリスの町で生活しているパキスタン系の高校生が、ブルース・スプリングスティーンの音楽と出会う。メガホンを取るのは『英国総督 最後の家』などのグリンダ・チャーダ。ヴィヴェイク・カルラ、クルヴィンダー・ギールのほか、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのディーン=チャールズ・チャップマンらが出演した。スプリングスティーン自身の協力のもと、未発表曲を含めた楽曲が多く使用されている。


このページの先頭へ▲


パブリック 図書館の奇跡

 

11月15日(日)〜21日(土)
12:50 / 17:30 - (19:39終映)
*11月17日(火)休映

 

11月22日(日)〜28日(土)
20:00 - (22:09終映)
*11月24日(火)休映

 

監督:エミリオ・エステヴェス
出演:アレック・ボールドウィン/エミリオ・エステヴェスほか
[18年製作/アメリカ/1時間59分/字幕]
https://longride.jp/public/

 

行き場を失ったホームレスたちの避難所と化した図書館で起こる騒動を描くヒューマンドラマ。俳優のみならず『ボビー』などで監督としても活動するエミリオ・エステヴェスが、現代社会の過酷な現実を背景に心温まる人間模様を紡ぐ。ある新聞記事を題材に約11年の歳月をかけて完成させたエミリオが主演も務め、『ブルージャスミン』などのアレック・ボールドウィン、『トゥルー・ロマンス』などのクリスチャン・スレイター、『バスキア』などのジェフリー・ライトらが共演する。


このページの先頭へ▲


ステップ

 

11月15日(日)〜21日(土)
10:00 - (12:08終映)
*11月17日(火)休映

 

11月22日(日)〜28日(土)
12:40 - (14:48終映)
*11月24日(火)休館

 

監督:飯塚健
出演:山田孝之/田中里念/國村隼/広末涼子ほか
[20年製作/日本/1時間58分]
https://step-movie.jp/

 

プロデューサーとしても活動している山田孝之を主演に迎え、重松清の小説を映画化。妻に先立たれた主人公が、男手一つで娘を育てる10年間の軌跡を描く。オーディションで選ばれた中野翠咲、白鳥玉季、田中里念が主人公の娘の2歳から12歳までを演じ、國村隼、余貴美子、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈らが共演。山田と『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズなどで組んだ飯塚健がメガホンを取った。


このページの先頭へ▲


SKIN/スキン

 

11月8日(日)〜14日(土)

 

20:00 - (22:08終映)

 

*11月10日(火)休館

 

監督:ガイ・ナティーヴ
出演:ジェイミー・ベル/ダニエル・マクドナルド/ほか
[19年製作/アメリカ/1時間58分/字幕]
http://skin-2020.com/

 

第91回アカデミー賞短編実写映画賞受賞の短編をベースに、人種差別がテーマの社会派ドラマ。白人至上主義者の男が過去と決別しようとする。主人公を『リヴァプール、最後の恋』などのジェイミー・ベル、ヒロインを『パティ・ケイク$』などのダニエル・マクドナルドが演じ、短編の監督を務めたガイ・ナティーヴがメガホンを取った。


このページの先頭へ▲


許された子どもたち

 

11月8日(日)〜14日(土)

 

14:00 - (16:11終映)

 

*11月10日(火)休館
*予告なし

 

*11月8日(日)上映後・出演者の舞台挨拶を開催します!

 

監督:内藤瑛亮
出演:上村侑/黒岩よし/名倉雪乃/ほか
[20年製作/日本/2時間11分]
http://www.yurusaretakodomotachi.com/

 

『ライチ☆光クラブ』『ミスミソウ』などの内藤瑛亮監督が、実際に起きた複数のいじめ死亡事件をモチーフに、8年かけて完成させた社会派ドラマ。同級生を殺し無罪になった少年たちを通じて、少年犯罪と償いの在り方を問い掛ける。撮影前に10代のキャストを中心にワークショップを行った。出演は、主演の上村侑をはじめ、黒岩よし、名倉雪乃、阿部匠晟、池田朱那ら。

 

*********************************

 

「許された子どもたち」出演者の舞台挨拶を開催いたします!

 

日:11月8日(日)

時:14:00の回上映後

 

登壇者:上村侑さん(市川絆星 役)黒岩よしさん(市川真理 役)

司会:田坂公章プロデューサー

 

【ご入場方法】
お電話・当館受付でのご予約を承っております048-551-4592まで。ご予約時に整理番号をお知らせいたします。
定員に達し次第終了となります。

 

当日、13:40分までに受付をお済ませ下さい、お見えにならない場合はキャンセルとさせて頂きます。

13:50分から整理券番号順にてご入場となります。

 

※新型コロナの影響でイベントが中止となる場合も御座います、予めご了承下さい。


このページの先頭へ▲


はりぼて

 

11月8日(日)〜14日(土)
9:30 - (11:10終映)
*11月10日(火)休館

*予告なし

 

11月15日(日)〜21日(土)
15:20 - (17:10終映)
*11月17日(火)休館

 

監督:五百旗頭幸男/砂沢智史
[20年製作/日本/1時間40分]
https://haribote.ayapro.ne.jp/

 

14人の富山市議会議員が辞職に追い込まれた政務活動費不正使用問題のその後を取材し、人間の狡猾(こうかつ)さなどをあぶり出したドキュメンタリー。「政務活動費を巡る調査報道」によって2017年度の日本記者クラブ賞特別賞などを受賞したローカル局のチューリップテレビがさらに3年の取材を続け、なおも続く議会の腐敗や開き直る議員たちの様子をとらえる。監督を務めるのは、五百旗頭幸男と砂沢智史。


このページの先頭へ▲


ポネット

 

11月1日(日)〜7日(土)

 

15:20 - (17:07終映)

 

*11月3日(火)15:20の回上映

 

監督:ジャック・ドワイヨン
出演:ヴィクトワール・ティヴィソル/マリー・トランティニャン/ほか
[1997年製作/フランス/1時間37分/字幕]
http://the-art-theater.com/

 

フランスの名匠ジャック・ドワイヨンが、死んだ母の帰りを待ち続ける幼い少女のひたむきな姿を描き、主役ポネットを演じたビクトワール・ティビゾルが、4歳という史上最年少の年齢でベネチア国際映画祭主演女優賞を受賞したヒューマンドラマ。
1996年に製作され、日本では97年に初公開。Bunkamuraル・シネマで32週にわたってロングラン上映されるなど、ミニシアター映画として大ヒットを記録した。ポネットの母を「主婦マリーがしたこと」のマリー・トランティニャン、父を監督としても活躍するグザビエ・ボーボワが演じた。2020年6月、往年の名作を劇場公開する企画「the アートシアター Vol.3」でリバイバル公開。


このページの先頭へ▲


MOTHER マザー

 

11月1日(日)〜7日(土)
9:30 / 20:00 - (22:16終映)
*11月3日(火)9:30の回上映

 

11月8日(日)〜14日(土)
11:30 - (13:36終映)
*11月10日(火)休館
 

*全回予告なし

 

監督:大森立嗣
出演:長澤まさみ/阿部サダヲ/奥平大兼/木野花/ほか
[20年製作/日本/2時間06分]
https://mother2020.jp/

 

実際に起きた祖父母殺害事件をベースに、社会の底辺で生きる母親と息子を取り巻く過酷な現実を描いた人間ドラマ。『新聞記者』などに携わってきた河村光庸が企画・製作を手掛け、『タロウのバカ』などの大森立嗣が監督を務めた。社会の闇へ落ちていくシングルマザーを長澤まさみ、内縁の夫を阿部サダヲ、息子を演技未経験ながら初めてのオーディションで選出された奥平大兼が演じるほか、夏帆、仲野太賀らが共演。


このページの先頭へ▲