リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

2020年の上映作品

1月4日(土)〜11日(土)
『翔んで埼玉』
『引っ越し大名!』
『ロケットマン』

 

1月12日(日)〜18日(土)
『ロケットマン』

『翔んで埼玉』

『おいしい家族』
★1月12日(日)「おいしい家族」ふくだももこ監督による舞台挨拶を開催いたしました!

 

1月19日(日)〜25日(土)
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
★1/20日(月)9:30〜の回上映後・山田火砂子監督による舞台挨拶を開催いたした!
『人生をしまう時間(とき)』
『宮本から君へ』
『タロウのバカ』

 

1月26日(日)〜2月1日(土)
『"樹木希林"を生きる』
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『人生をしまう時間(とき)』
『宮本から君へ』

 

2月2日(日)〜2月8日(土)
『ホテル・ムンバイ』

『"樹木希林"を生きる』

『さらば青春の光』
★2月8日(土)上映後 ザ・コレクターズ・加藤ひさし氏による舞台挨拶を開催いたしました!

『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』

 

2月9日(日)〜15日(土)
『蜜蜂と遠雷』
『イエスタデイ』
『ボーダー 二つの世界』

 

2月16日(日)〜22日(土)
『真実』
『駅までの道をおしえて』
★初日2/16日(日)上映後・橋本直樹監督、新津ちせさんによる舞台挨拶を開催いたしました!
『イエスタデイ』
『ボーダー 二つの世界』

 

2月23日(日)〜29日(土)
『楽園』
『真実』
『音楽』
★2/24(月・祝)上映後、岩井澤健治監督による舞台挨拶を開催しました!

『夕陽のあと』

 

2月23日(日)〜29日(土)
『楽園』
10:00

『真実』
13:00/20:00

『音楽』
15:20

★2/24(月・祝)上映後、岩井澤健治監督による舞台挨拶を開催しました!

『夕陽のあと』
17:20

 

3月8日(日)〜14日(土)
『i−新聞記者ドキュメント−』

『閉鎖病棟−それぞれの朝−』

『わたしは光をにぎっている』

『NO SMOKING』

 

3月15日(日)〜21日(土)
『ひとよ』
『i−新聞記者ドキュメント−』
『草間彌生∞INFINITY』
『NO SMOKING』

 

3月22日(日)〜28日(土)
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『永遠の門 ゴッホの見た未来』
『草間彌生∞INFINITY』
『グレタ GRETA』

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
『カツベン!』
『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
『少女は夜明けに夢をみる』
『永遠の門 ゴッホの見た未来』


このページの先頭へ▲


一粒の麦 荻野吟子の生涯

 

3月22日(日)〜28日(土)
10:00 / 15:30 - (17:30終映)
*3月24日(火)休館

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
13:00 - (15:00終映)
*3月31日(火)休館

 

監督:山田火砂子
出演:若村麻由美/山本耕史/賀来千香子/ほか
[19年製作/日本/1時間50分]
https://www.gendaipro.jp/ginko/

 

明治時代、近代日本で初めて女性で医師として認められた荻野吟子の生涯を描いた伝記ドラマ。嘉永4年(1851年)、武蔵国幡羅郡俵瀬村(現在の埼玉県熊谷市)に生まれ、幼い頃から兄たちよりも聡明で周囲を感嘆させた吟子。しかし、女に学問はいらないと隣村の名主の家に嫁に出され、そこで夫から病気を移されると、今度は子どもの産めない嫁はいらないと実家に帰されてしまう。この無情な現実に泣いた吟子は、自分と同じように涙を飲む女性たちのために医者になることを決意する。監督・脚本は「母 小林多喜二の母の物語」「エンジェルがとんだ日」の山田火砂子。
ご好評につき再上映決定!


このページの先頭へ▲


グレタ GRETA

 

3月22日(日)〜28日(土)

 

20:00 - (21:48終映)

 

*3月24日(火)休館

 

監督:ニール・ジョーダン
出演:イザベル・ユペール/クロエ・グレース・モレッツ/ほか
[18年製作/アイルランド・アメリカ/1時間50分/字幕]
http://greta.jp/

 

初共演となるイザベル・ユペールとクロエ・グレース・モレッツがダブル主演を果たし、「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン監督が描いたスリラー。ニューヨークの高級レストランでウェイトレスとして働くフランシスは、帰宅中の地下鉄で誰かが置き忘れたバッグを見つける。そのバッグの持ち主は、都会の片隅でひっそりと暮らす未亡人グレタのもので、グレタの家までバッグを届けたフランシスは、彼女に今は亡き母への愛情を重ねていく。年の離れた友人としての親密な付き合うようになる2人だったが…。


このページの先頭へ▲


永遠の門 ゴッホの見た未来

 

3月22日(日)〜28日(土)
13:00 - (15:01終映)
*3月24日(火)休館

 

3月29日(日)〜4月4日(土)
20:00 - (22:01終映)
*3月31日(火)休館

 

監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:ウィレム・デフォー/ルパート・フレンド/ほか
[19年製作/イギリス・フランス・アメリカ/1時間50分]
https://gaga.ne.jp/gogh/

 

『潜水服は蝶の夢を見る』などのジュリアン・シュナーベル監督が、画家フィンセント・ファン・ゴッホの人生を描く伝記ドラマ。ゴッホを『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などのウィレム・デフォーが演じ、第75回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞。『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』などのオスカー・アイザックのほかマッツ・ミケルセン、監督としても活動しているマチュー・アマルリックらが共演する。


このページの先頭へ▲


草間彌生∞INFINITY

 

3月15日(日)〜21日(土)
15:30 - (16:57終映)
*3月17日(火)休館

 

3月22日(日)〜28日(土)
18:00 - (19:27終映)
*3月24日(火)休館

 

監督:ヘザー・レンツ
出演:草間彌生/アレクサンドラ・モンロー/ほか
[18年製作/アメリカ/1時間17分/字幕]
http://kusamayayoi-movie.jp/

 

国際的なアーティストの草間彌生の半生を追ったドキュメンタリー。絵画や彫刻をはじめ、パフォーマンスアートや文学など多岐にわたる分野で創作に情熱を注ぐ草間を映し出す。ドキュメンタリーなどを手掛けてきたヘザー・レンツが監督を務める。草間をはじめアレクサンドラ・モンロー、フランシス・モリス、キャロリー・シュニーマンら多数の芸術家や美術関係者が出演。


このページの先頭へ▲


ひとよ

 

3月15日(日)〜21日(土)

 

10:00 / 17:30 - (19:42終映)

 

*3月17日(火)休館

 

監督:白石和彌
出演:佐藤健/鈴木亮平/松岡茉優/音尾琢真/ほか
[19年製作/日本/2時間02分]
https://www.hitoyo-movie.jp/

 

劇作家・桑原裕子が主宰する劇団KAKUTAの代表作を実写映画化。ある事件で運命を狂わされた家族が再会し、絆を取り戻そうとする。『孤狼の血』などの白石和彌がメガホンを取り、『凶悪』などで白石監督と組んできた高橋泉が脚本を担当。3兄妹に佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、彼らの母親に田中裕子がふんする。


このページの先頭へ▲


NO SMOKING

 

3月8日(日)〜14日(土)
17:50 - (19:36終映)
*3月10日(火)休館

 

3月15日(日)〜21日(土)
20:00 - (21:46終映)
*3月17日(火)休館

 

監督:佐渡岳利
出演:細野晴臣/ヴァン・ダイク・パークス/小山田圭吾/坂本龍一/高橋幸宏/ほか
[19年製作/日本/1時間36分]
http://hosono-50thmovie.jp/

 

音楽家の細野晴臣に迫ったドキュメンタリー。幼少期の音楽との出会いから、はっぴいえんど、YMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)、ソロ活動といった細野の歩んできた軌跡をたどる。さらに2018年から2019年にかけて開催されたライブの模様も映し出され、バンドメンバーのほか、音楽プロデューサーのヴァン・ダイク・パークス、小山田圭吾、YMOの坂本龍一と高橋幸宏らが出演している。


このページの先頭へ▲


わたしは光をにぎっている

 

3月8日(日)〜14日(土)

 

15:30 - (17:16終映)

 

*3月10日(火)休館

 

監督:中川龍太郎
出演:松本穂香/渡辺大知/徳永えり/光石研/ほか
[19年製作/日本/1時間36分]
http://phantom-film.com/watashi_hikari/

 

ドラマ「この世界の片隅に」などの松本穂香がヒロインを演じたヒューマンドラマ。銭湯を手伝う女性が、そこに集う人々との触れ合いを通じて生き方を見いだす。メガホンを取るのは『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの中川龍太郎。共演は『ギャングース』などの渡辺大知をはじめ、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝ら。


このページの先頭へ▲


i−新聞記者ドキュメント−

 

3月8日(日)〜14日(土)
10:00 / 20:00 - (22:03終映)
*3月10日(火)休館

 

3月15日(日)〜21日(土)
13:00 - (15:03終映)
*3月17日(火)休館

 

監督:森達也
出演:望月衣塑子/ほか
[19年製作/日本/1時間53分]
http://i-shimbunkisha.jp/

 

『FAKE』などの森達也が監督し、東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏にカメラを向けたドキュメンタリー。各方面から批判を浴びながらわが道を行く彼女の姿を通して、日本のジャーナリズムの本質をあぶり出す。望月氏が共同原案を務めた映画『新聞記者』に携った河村光庸が、企画・製作・エクゼクティヴプロデューサーを担当した。


このページの先頭へ▲


閉鎖病棟−それぞれの朝−

 

3月1日(日)〜7日(土)
9:30 / 14:50 - (16:57終映)
*3月3日(火)休館

 

3月8日(日)〜14日(土)
13:00 - (15:07終映)
*3月10日(火)休館

 

監督:平山秀幸
出演:笑福亭鶴瓶/綾野剛/小松菜奈/坂東龍汰/ほか
[19年製作/日本/1時間57分]
https://www.heisabyoto.com/

 

精神科医でもある作家・帚木蓬生の、山本周五郎賞に輝いた小説を映画化。精神科病院で起きた殺人事件をきっかけに、患者たちの思いが交錯する。『ディア・ドクター』『おとうと』などの笑福亭鶴瓶が主演を務め、綾野剛、小松菜奈らが共演。『愛を乞うひと』などの平山秀幸監督が原作にほれ込み、自ら脚本を務めた。


このページの先頭へ▲