リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

深谷シネマへようこそ!

こちらは『深谷シネマ』公式サイトです。埼玉県深谷市・旧中山道沿い。
300年もの歴史を持つ「七ツ梅酒造」跡へ2010年4月移転しました。
全国でも唯一の酒蔵を改装した、街の映画館です。

 

*毎週火曜休館

 

【七ツ梅ミライ基金】↑クリック(PDF)

ご協力よろしくお願い致します!

【ご鑑賞に関して】

入場券の販売は当日当館の受け付けのみ、全席自由席、各回入れ替え制となっております。

*舞台挨拶等のイベント時は変更となる場合が御座いますのでお手数ですがお問い合わせ下さい。




上映スケジュール・映画館への案内などこちらからどうぞ。
■お知らせ
■現在上映中
■今後の上映作品
■交通案内・料金

続きを読む >>

このページの先頭へ▲


現在上映中・今後の上映 (2019/3/16更新)

3月17日(日)〜23日(土)

『人生フルーツ』
10:00

 

『日日是好日』
12:40/20:00

 

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
14:50

 

『華氏119』
17:10

 

3月24日(日)〜30日(土)

『日日是好日』
10:00/17:30

 

『ギャングース』
12:30/20:00

★初日3/24日12:30の回上映後・入江悠監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

『人生フルーツ』
15:20

 

3月31日(日)〜4月6日(土)

『斬、』
10:00/18:00

 

『パッドマン 5億人の女性を救った男』
12:30/20:00

 

『ギャングース』
15:30

 

4月7日(日)〜13日(土)

『パッドマン 5億人の女性を救った男』
10:00/17:00

 

『斬、』
13:00

★4/7日(日)上映後・塚本晋也監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

『世界一と言われた映画館』
15:20

 

『アタラント号』
20:00


このページの先頭へ▲


アタラント号

 

4月7日(日)〜13日(土)

 

20:00 - (21:34終映)

 

*4月9日(火)休館

 

監督:ジャン・ヴィゴ
出演:ジャン・ダステ/ディタ・パルロ/ミシェル・シモン/ほか
[1934年製作/フランス/1時間24分/字幕]
http://www.ivc-tokyo.co.jp/vigo/

 

短編を含めてわずか4作品しか残せず、29歳の若さで他界したフランスの伝説的映画作家ジャン・ビゴが1934年に発表した、遺作にして唯一の長編監督作。田舎町とル・アーブルを結ぶ艀船アタラント号に、船長のジャンと、ジャンと結婚したばかりのジュリエット、変わり者の老水夫ジュール、少年水夫、そして何匹かの猫が乗っていた。新婚生活に心ときめかせていたジュリエットだったが、単調な水上生活と狭い船内を次第に息苦しく感じるようになる。やがてアタラント号はパリに着き、ジャンとジュリエットはダンスホールにでかけるが…。オリジナルバージョンが長らく失われていたが、オリジナルに近いネガの発見により1990年に復元され、日本でも91年に劇場公開された。2018年12月には、4Kレストア版が劇場公開。

 

*2Kでの上映となります。

*『新学期 操行ゼロ』『競泳選手 ジャン・タリス』『ニースについて』の上映は御座いません、予めご了承下さい。


このページの先頭へ▲


世界一と言われた映画館

4月7日(日)〜13日(土)
15:20 - (16:37終映)
*4月9日(火)休館

 

4月14日(日)〜20日(土)
9:30 - (10:47終映)
*4月16日(火)休館
★4/14日(日)上映後・佐藤広一監督による舞台挨拶を開催いたします!詳細は↓

 

監督:佐藤広一
ナレーション大杉漣
[17年製作/日本/1時間07分]
http://sekaiichi-eigakan.com/

 

かつて山形県酒田市に存在した映画館「グリーン・ハウス」のドキュメンタリー。さまざまな設備や工夫を取り入れながらも、1976年の酒田大火の火元となったために失われた映画館の思い出を、ゆかりのある人々が語る。監督は『隠し砦の鉄平君』などの佐藤広一が務め、ナレーションを名バイプレーヤーの大杉漣が担当した。

 

*********************************


★「世界一と言われた映画館」佐藤広一監督による舞台挨拶を開催いたします!

 

日:4月14日(日)

時:9:30の回上映後

 

【ご入場方法】
当日9:00よりご入場開始(全席自由席)
なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


パッドマン 5億人の女性を救った男

 

3月31日(日)〜4月6日(土)
12:30 / 20:00 - (22:27終映)
*4月2日(火)休館

 

4月7日(日)〜13日(土)
10:00 / 17:00 - (19:27終映)
*4月9日(火)休館

 

4月14日(日)〜20日(土)
11:30 / 17:00 - (19:27終映)
*4月16日(火)休館

 

監督:R・バールキ
出演:アクシャイ・クマール/ソーナム・カプール/ほか
[18年製作/インド/2時間17分字幕]
http://www.padman.jp/site/

 

夫が妻のために安くて安全な生理用品を作ろうとする実話を基にしたドラマ。清潔で安価なナプキンを低コストで大量生産できる機械を発明し、さらには女性たちに働く機会を与える主人公の奮闘を描く。主人公を演じるのは、『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』などのアクシャイ・クマール。監督を、プロデューサーとして『マダム・イン・ ニューヨーク』などに携ってきたR・バールキが務める。


このページの先頭へ▲