リンク

七ツ梅ミライ基金

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

あまねき旋律(しらべ)

 

2月3日(日)〜9日(土)

 

18:00 - (19:33終映)

 

*2月5日(火)休館

 

監督:アヌシュカ・ミーナークシイーシュワル・シュリクマール
[18年製作/インド/1時間23分/字幕]
http://amaneki-shirabe.com/

 

インドの農村で語り継がれてきた歌をめぐる音楽ドキュメンタリー。急斜面に作られた棚田の風景や季節の移ろい、村人たちの生活や農作業の一部始終を淡々と映す。共同で監督を務めたのは、インド南部出身のアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマール。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の「アジア千波万波」部門で奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞したほか、世界各地の映画祭で上映された。


このページの先頭へ▲


津軽のカマリ

 

2月3日(日)〜9日(土)
13:00 - (14:54終映)
*2月5日(火)休館

 

2月10日(日)〜16日(土)
17:30 - (19:24終映)
*2月12日(火)休館

 

監督:大西功一
出演:初代・高橋竹山/二代目・高橋竹山/ほか
[18年製作/日本/1時間44分]
http://www.tsugaru-kamari.com/

 

『スケッチ・オブ・ミャーク』などの大西功一が監督を務め、津軽三味線の名人の初代・高橋竹山に迫ったドキュメンタリー。幼くして視力を奪われながらも、三味線だけを頼りに生き抜いた初代・高橋竹山の在りし日の姿を映し出す。二代目・高橋竹山や、弟子の西川洋子らが出演。残された貴重な映像や音源が披露される。


このページの先頭へ▲


旅猫リポート

 

2月3日(日)〜9日(土)
10:00 / 15:30 - (17:38終映)
*2月5日(火)休館

 

2月10日(日)〜16日(土)
10:00 - (12:08終映)
*2月12日(火)休館

 

監督:三木康一郎
出演:福士蒼汰/広瀬アリス/大野拓朗/ほか
[18年製作/日本/1時間58分]
http://tabineko-movie.jp/#/boards/tabinekokansou

 

『イン・ザ・ヒーロー』『曇天に笑う』などの福士蒼汰を主演に迎え、有川浩のベストセラー小説を映画化したドラマ。新しい飼い主を探すため、日本全国を旅する主人公と彼の愛猫の姿を描写する。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でも有川の映画化作品のメガホンを取った三木康一郎が監督を担当。美しい日本の風景を背景に描かれる旅路が忘れ難い。


このページの先頭へ▲


きみの鳥はうたえる

 

1月27日(日)〜2月2日(土)

 

20:00 - (21:56終映)

 

*1月29日(火)休館

 

監督:三宅唱
出演:柄本佑/石橋静河/染谷将太/ほか
[18年製作/日本/1時間46分]
http://kiminotori.com/

 

『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』 『オーバー・フェンス』 の原作者・佐藤泰志の小説を映画化した青春ドラマ。『THE COCKPIT』などの三宅唱が監督を務め、函館市郊外の書店を軸に1人の女性と2人の男性が織り成す人間模様を映し出す。柄本佑と『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石橋静河、染谷将太らが共演。


このページの先頭へ▲


顔たち、ところどころ

 

1月27日(日)〜2月2日(土)

 

18:00 - (19:39終映)

 

*1月29日(火)休館

 

監督:アニエス・ヴァルダ/JR
[18年製作/フランス/1時間29分/字幕]
https://www.uplink.co.jp/kaotachi/

 

『幸福(しあわせ)』『冬の旅』などのアニエス・ヴァルダと、アーティストのJRが監督を務めたドキュメンタリー。世代の違う二人が、フランスの田舎で暮らす人々と触れ合いながら作品を作り上げていく様子を映す。本作はカンヌ国際映画祭のほか、さまざまな映画祭で評価され、第90回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされた。


このページの先頭へ▲