リンク

検索

携帯版サイト

qrcode

RSS/ATOM

ゴッホ 最期の手紙

 

7月22日(日)〜28日(土)

 

17:30 - (19:16終映)

 

*7月24日(火)休館

 

監督:ドロタ・コビエラ
出演:ダグラス・ブース/ロベルト・グラチーク/ほか
[17年製作/イギリス・ポーランド/1時間36分/字幕]

http://www.gogh-movie.jp/

 

「ひまわり」などの名画で知られるフィンセント・ファン・ゴッホの謎に包まれた最期を、油絵のテイストで描いたサスペンス。自殺したとされる画家が弟に宛てた最後の手紙を託された主人公が、その責務を果たそうと奔走するうちにゴッホの死の真相に迫る姿を描く。油絵が実際に動いているかのように見える映像に注目。


このページの先頭へ▲


ラッカは静かに虐殺されている


7月22日(日)〜28日(土)

 

13:00 - (14:42終映)

 

*7月24日(火)休館

 

監督:マシュー・ハイネマン
[17年製作/アメリカ/1時間32分/字幕]

http://www.uplink.co.jp/raqqa/

 

シリア内戦をテーマにしたドキュメンタリー。武装勢力ISに支配されたシリア北部の街の惨状を世界に発信している、市民ジャーナリスト集団の活動を追う。監督は第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン。『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』などのアレックス・ギブニーが製作総指揮に名を連ねている。

*本作は損傷の激しい遺体、残虐な処刑のシーンがありますので、あらかじめ了承の上ご覧ください。また、16歳未満の年少者は保護者指導の元による鑑賞をお願いします。


このページの先頭へ▲


シネマ歌舞伎 一谷嫩軍記 熊谷陣屋

 

7月22日(日)〜28日(土)

 

10:00 - (11:53終映)

 

*7月24日(火)休館

 

◆特別料金
一般料金 2,100円(税込) 学生・小人 1,500円(税込)
※特別興行につき各種割引料金の設定はございません。

 

出演:中村吉右衛門/中村富十郎/中村魁春/ほか
[11年製作/日本/1時間43分]

https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/16/

 

「平家物語」の一の谷合戦を題材にした歌舞伎の演目で、2010年4月に「歌舞伎座さよなら公演」として上演された舞台をシネマ歌舞伎として映像化。恩義のために敵の平家を助け、泣く泣くわが子を犠牲にした熊谷直実の悲話を重厚に描く。2011年には人間国宝に認定された二代目中村吉右衛門が熊谷直実にふんするほか、中村富十郎や坂田藤十郎が共演。若武者の死に驚き取り乱す2人の女形を制する「制札の見得(せいさつのみえ)」で見せる、圧倒的な吉右衛門の演技が見どころだ。


このページの先頭へ▲


武蔵野 江戸の循環農業が息づく

 

7月15日(日)〜21日(土)

 

10:00 - (12:01終映)

 

*7月17日(火)休館

 

監督:原村政樹
[17年製作/日本/1時間51分]

http://www.cinema-musashino.com/

 

「いのち耕す人々」「天に栄える村」「無音の叫び声」の東北農業3部作で、一貫して自然に生かされた農の営みと奥深さを描いてきた原村政樹監督が、武蔵野地域で続く農業と農家の人々の生活の様子を追ったドキュメンタリー。都心から30キロ圏内の武蔵野地域には広大な平地林と農地があり、秋に落ちた葉を掃き1年かけて堆肥を作ることで微生物の豊かな土壌を保つ、自然の摂理を生かした循環農業が江戸時代から継承されている。都市化が進んだ現代において奇跡的に続いている、そうした営みを原村監督が丹念に追った。


*****************************

 

★「武蔵野 江戸の循環農業が息づく」原村政樹監督による舞台挨拶を開催致します!

 

日:7月16日(月・祝)

時:10:00の回上映後


【ご入場方法】

当日9:00より入場開始。
整理券配布なし。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲


かぞくへ

 

7月15日(日)〜21日(土)

 

15:00 - (17:07終映)

 

*7月17日(火)休館

 

監督:春本雄二郎
出演:松浦慎一郎/梅田誠弘/遠藤祐美/ほか
[16年製作/日本/1時間57分]

http://kazokue-movie.com/

 

東京国際映画祭やニッポン・コネクションなどで上映されたドラマ。孤独に生きてきた男が結婚の直前にトラブルを抱え、親友と婚約者の間で揺れ動く。監督は、テレビドラマ「必殺仕事人2009」やさまざまな映画に関わってきた春本雄二郎。主演は、俳優として活動するほか『百円の恋』や『あゝ、荒野』シリーズなどでボクシング指導を担当してきた松浦慎一郎。

 

*****************************

 

★「かぞくへ」春本雄二郎監督による舞台挨拶を開催致します!

 

日:7月15日(日)

時:15:00の回上映後


【ご入場方法】

当日9:30より鑑賞料と引き換えに整理券をお配り致します。
14:45より整理券番号順でのご入場となります。(全席自由席)

なお、事前のお電話等でのご予約は承っておりません。


このページの先頭へ▲